人気沸騰韓国コスメ!日本で販売するためのポイント / 輸入化粧品の安全性や法令に関してご相談・お問合せお受けしています

 リモートワークや外出自粛、マスク着用の日常化などから、化粧品に対する消費者ニーズが変化し、例えば、メイクアップ用品よりも、スキンケア等の基礎化粧品がより多くの支持を得ているそうです。日本の美容業界における最近のトレンド、特にコロナ禍でも急成長している韓国製品の動向について、ご紹介いたします。
本リリースの構成
  1. 韓国製品の魅力
  2. 韓国化粧品の定義と区分
  3. 韓国化粧品の安全管理基準とは
  4. 韓国化粧品の特徴やトレンド傾向

詳細な内容をご希望の方はダウンロードフォームへお進みください > 全文ダウンロード(PDF)【人気沸騰韓国コスメ!日本で販売するためのポイント / 輸入化粧品の安全性や法令に関してご相談・お問合せお受けしています】

薬機法等関連の違反事例が頻発~心配される消費者被害発生/ニッセンケンでは医薬品、化粧品の品質管理をサポートします

 今、飲んでいる薬は安全?使っている化粧品は安全?

 今年2月、大手製薬会社が長期間にわたり医薬品の品質操作及び隠蔽した事実が明らかになり、マスコミでも大きく取り上げられました。本リリースでは、医薬品の不正製造や製造工程の管理問題など、実際にあった3つの違反事例をもとに、医薬品と化粧品の品質管理の重要性についてご紹介いたします。

フェムテック製品の品質評価はニッセンケンまで / 化粧品や医薬品等の可能性

 SDGs-持続可能な開発目標-でも掲げられている「ジェンダー平等の実現」に関し、日本はもちろん世界中でさまざまな観点から課題等が明らかになってきています。そうした事柄が話題になることは、変化の過程であると言えるかもしれません。さて、前回のニッセンケン・フェムテック製品への品質評価提案【PartⅠ】では、月経期間をより快適に過ごすための手段となりえる「吸水性ショーツ」についてご紹介しました。今回は、女性のライフステージや日常生活の各場面において、解決策となりうる化粧品等を中心に関連製品ご紹介いたします。

 フェムテックとは、女性特有の健康に関する悩み等をテクノロジーで解決する製品やサービスを言いますが、その特有の悩みを知る上で知っておきたい、いくつかのキーワードがあります。例えば、「フェムケア」や「ジェンダーペインギャップ」など。ジェンダー平等への一歩として、本リリースをご参考いただけますと幸いです。

リリース全文をご希望の場合はダウンロードフォームへお進みください > 全文ダウンロード(PDF)【フェムテック製品の品質評価はニッセンケンまで / 化粧品や医薬品等の可能性】

厚生労働省登録検査機関として登録 / 化粧品・医薬部外品・医薬品の試験・検査はニッセンケンまで

一般財団法人ニッセンケン品質評価センター(本部:東京都台東区蔵前、理事長:駒田展大)は、厚生労働省より、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則(昭和36年厚生省令第1号)第12条第1項に規定する試験検査機関として登録がされています。

これにより、ニッセンケン ライフ アンド ヘルス 事業本部 バイオケミカル事業所 香粧品分析グループでは、化粧品だけではなく、医薬部外品、医薬品まで試験・検査対応を行うことができます。

医薬部外品申請試験、安定性試験や、公定書試験(医薬部外品原料規格、食品添加物公定書、日本薬局方など)に加え、ご要望に沿ったオリジナル試験にも対応しております。ご相談、お問合せをお待ちしております。

リリース全文をご希望の場合はダウンロードフォームへお進みください > 全文ダウンロード(PDF)【化粧品・医薬部外品・医薬品の試験・検査はニッセンケンまで / 医薬品・医薬部外品・化粧品・雑貨品の違いがわかる資料付き】

香粧品分析事業及びバイオケミカル事業の専用サイトを開設しました

ライフ アンド ヘルス事業本部が主管する、香粧品分析及びバイオケミカルの2事業につきまして、専用サイトを開設いたしました。今後とも有益な情報発信に努めてまいります。
従来からのエコテックス®事業ブランドサイト共々、よろしくお願いいたします。

> エコテックス®事業 https://oeko-tex-japan.com
> 香粧品分析事業 https://cosmetics.nissenken.jp/
> バイオケミカル事業 https://biochemical.nissenken.jp/

『ライフ アンド ヘルス事業本部』を新設いたしました / 第三者評価機関としてサステナビリティに配慮したものづくりへの貢献を目指します

当財団の分析・バイオ・認証事業を有機的に結び付け、一層の事業拡大を図るために、「エコテックス」、「バイオケミカル」、「香粧品分析」の3事業を統合した【ライフ アンド ヘルス(L&H)事業本部】を新設するとともに、関連する組織の改編を行いました。この3事業は、日本はもとより世界がこれから進めていくSDGsの実現に向けて、大きな貢献ができる事業となります。繊維、住居、化学、食品、医療など各業界・各企業とのパートナーシップ及びアライアンスの構築をめざし、当財団の重点事業として計画的に進めてまいります。